業 務 案 内

豊田市下水道管路施設包括的維持管理業務

   国土交通省が推進する下水道管路施設の管理業務における包括的民間委託導入を受け、豊田市が『豊田市下水道管路施設包括的維持管理業務』の受託者を募集し、公募型プロポーザル方式による選定の結果、当社と株式会社NJSとの共同企業体が受託業者として愛知県では初めて(全国で17自治体)となる包括的民間委託契約を豊田市上下水道局との間で締結をしました。

     【 契約名 】 : 豊田市下水道管路施設包括的維持管理業務委託
     【 発注者 】 :豊田市上下水道局
     【 受託者 】 :豊田市下水道管理サービス合同会社・株式会社NJS共同企業体
     【 契約日 】 :2018年6月7日
     【 業務期間 】 :2018年6月8日から2021年3月31日
     【 業務内容 】
           維持管理計画策定業務、改築計画策定業務、点検・調査業務、清掃業務、閉塞予防調査業務、
           住民対応・事故対応業務、デザインマンホールのプレート交換業務、樹木管理・草刈等業務
     【 特徴及び見通し 】
           維持管理業者が実施する下水道管路施設管理業務に加えて、コンサルタントが維持管理・改築
           計画を策定、実施状況を逐次確認するPDCAの運用を支援することにより確実かつ効率的に管理
           業務を遂行する点が大きな特徴です。
           管路維持管理の包括委託により、維持管理計画とその実施を統合的に実施することで、効率的な
           情報共有、積極的な新技術の導入、長期的視点に立った経営改善等を図ることが期待されてい
           ます。



業務実施の基本方針

市民から信頼される企業を目指します

下水道に関する市民の要望や苦情の窓口を共同企業体が担い、豊田市が長年培ってきた信頼を継承し、機動力と技術力を最大限発揮し、市民から信頼される企業を目指します。

現地作業における安全管理を徹底します

作業に従事する者と近隣住民の安全管理を徹底し、生命に関わる重大事故の発生を0件とします。

官民連携とストックマネジメンとにより下水道事業の効率的な運営に貢献します

豊田市によるストックマネジメント計画に準じて計画的維持管理を実践し、予防保全対応により管路施設の不具合発生を抑制します。官民連携の一体的な管理により、市民サービスの向上とライフサイクルコストの低減を目指します。

^